ミッドライフ・クライシス

ミッドライフ(中年)の女性が抱える焦りや不安、そして見えてきた解決法を日々綴っています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1日1万歩」の続きです。

なぜ、1日30分目安の「日常ウォーキング」から、
「わざわざ」歩く「1日1万歩」目標にしたかというと、
歩くことの大切さを痛感したからです。
母が座骨神経症になり、私も五十肩になり、
整体の先生と話したり、本を読んだりするうちに、
「たくさん歩くことは100利あって1害なし」、
「ピンピンコロリの究極の方法は歩くことだ」
と信じるに至りました。

数年前に長崎に行った時、
坂本龍馬の亀山社中が山の上すぎて驚きました。
私は時間もなかったので山頂までタクシーで行き、
そこから少し歩いて下ったのですが、
またタクシーまで戻るのさえ、はぁはぁでした。
この山道を龍馬は日に何度も行き来していたと知り、
どれだけ健脚なんだ〜!と思ったものです。
亀山社中から港に船が着くのが見えると山を下りていって、
積み荷を確認し、また戻る。
(今は路面電車で行く)ずぅーっと離れたグラバー邸に行って、
商談して、また歩いて戻る。
そんなことを日に何度も繰り返していたそうです。
でも、江戸時代の人はみな、
普通にそれぐらい歩いていたんですよね。
大体、籠に乗る殿様でもない限り、
京だ、江戸だ、薩摩だ、会津だ、日本中歩いていたわけです。
江戸時代といっても、たった100年ちょっと前のことですから、
明治、大正、昭和の急速な文明の発展と生活習慣の変化に、
ヒトのカラダは追いついていないのかもしれないとも思います。

まあ、時代も違うわけで、日本中を歩いて回るつもりはないですが、
それでも、もっともっと歩けるカラダになりたいです。
無理せず徐々に「1日1万歩」を達成する日を増やしていって、
いずれ、会社に歩いていくことにも挑戦してみようと思っています。




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村
テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/02/18(木) 21:56:35 | | # [ 編集 ]
鍵コメyさん
たくさん歩くことは100利あって1害なし!
ですよね〜!

80歳を過ぎる母が整体の先生とも、そんな話になったそうです。
極端に太っている人以外は(太っていると膝に負担がかかる)、
老若男女、どんな病気でも、歩けるだけ歩いて間違いない、と。

でも、yさんのように、歩く時間を捻出できない、
というのも、ものすごーくわかります。
「わざわざ」時間をとらないと、
なかなか5000歩、1万歩にはならないですからね。

「毎日てくてく歩く人」、素敵ですね。
私も理想かもしれません。
老後を待たずとも、今から、100歩でも多く、
少しでも、てくてくしましょう、お互いに!
2016/02/20(土) 12:04:15 | URL | kotoko #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://toshiyorikazoku.blog109.fc2.com/tb.php/536-52658cc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。