FC2ブログ

ミッドライフ・クライシス

ミッドライフ(中年)の女性が抱える焦りや不安、そして見えてきた解決法を日々綴っています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日「友達の煩わしさ」で書いた続きです。
結局、迷った末に、彼女にメールしたのです。
「お金の清算もう一度チェックしてみてもらえますか」と。
わだかまりが残るのは良くない、1万円も違うのだから、
彼女も残金を清算したら簡単に気づく間違いかもしれない、
と考えたのですが、来た返事は「計算して清算しました」とだけ。

お金のことは、その場その場でハッキリしないといけないと、
わかっていたはずなのに、やっぱり言わなきゃよかったです。

帰途に彼女が清算して、たぶんそのままのはずです。
私は、そのときの計算にクレームをつけているわけではなく、
(彼女が間違えて自分のものを共有財布から払ったと思っているので)
自分のお財布に残っている残金と照らして、
買ったものと差額を調べてみるとか、
行動を思い返してみるとか、そういうことをしてみてほしいのですが、
ただ「文句いわれた」と思われただけで終わってしまいました。

こちらも気まずい内容を問い合わせるなら、
領収書を集めておくとか、「いくら違うんじゃない?」
と具体的にメールをすればよかったです。
そもそも共有の財布なんて作らなければよかったし、
(そもそものそもそも彼女が作ろうと主張したのです)
作っても彼女に任せるんじゃなかった。

昨日も書きましたが、こういうことがあると、
彼女の欠点ばかり頭に浮かんでしまう。
過去のお金にだらしがなかったエピソードが次々思い出されます。
彼女は大酒飲みなので、酔うと大体お金のトラブルを起こします。
酔って意識がない、悪気がないので手に負えません。
会費を払ってないのに「払った」と主張したり、
1万円札と千円札を間違えて払ったり、
お釣りを割らずに自分の財布に入れてしまったこともありました。
そういうときは大体グループに1人しっかり者がいて、
その場で注意をするのですが、今回の旅は2人きり、
今となっては、なんの証拠もありません。
彼女が間違えて自分のものを共有財布から買ったと考えると、
金額的なつじつまも合うし、たぶんそれが正解だと思うのですが、
彼女が認めてくれない限り、もうあきらめるしかないのでしょう。
このブログをアップして、それでケリをつけます。

しかし、私の心には、
「もう彼女とは旅行しない。2人では食事もしない」
「旅をしても共有財布にはしない」などという決心が残りました。
彼女は今のところそれほど重く考えていないでしょうが、
(実際、「また旅行しよう」とメールが来ました)
しばらくしたら、私が根に持っていることに気づくでしょう。

またひとつ友情が切れてしまった気がします。
「生涯の友達」はなかなか難しい目標です。
お金の管理がしっかりしていて価値観が合うこと、
だけは譲れない項目ですね。




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村
テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/09/29(火) 23:16:31 | | # [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/09/30(水) 00:00:19 | | # [ 編集 ]
鍵コメyさん
ありがとうございます。うれしいです。
「後悔しなくていいのでは」とコメントくださったこと、
少し、ほっとしています。
いつになく頭にこびりついてしまっていたので、
このまま、もやもやするぐらいなら聞いてしまおうと思って。
案外、調べたら、「そうそう、計算違いだったのよ」と、
簡単にわかることかもしれないと思ったのですが、
そうは行きませんでした。

でも、ご指摘のとおりですね。
これで彼女の本質もわかったし、
私も譲れない項目もわかったのは確かです。
そう思って、これで、すっきり忘れたいものです。
2015/09/30(水) 00:42:58 | URL | kotoko #- [ 編集 ]
鍵コメnさん
そうなんです、彼女には全く悪気はなく、
たぶん酔っていて覚えていないだけなのです。
もともと、お金にもルーズなところがあるので、
つい、自分のものを共有財布で買ったけれど、
それは意識がない行為なんだと思うのです。
残金を調べてもらえたらと思ったのですが、
たぶん、それさえもしないまま、
「計算して清算しました」と軽く返信し、
逆に言うと、私が不信感を持っていることさえ、
重く受け止めていない、そんなタイプです。

nさんのおっしゃるとおり、
もしかしたら、直接会って言ったほうがよかったのかもしれません。
でも私、意外と気が弱く、面と向かったら、切り出せたかどうか‥。
まったく、友情のこと、お金のことは難しいものですね。
2015/09/30(水) 00:52:28 | URL | kotoko #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/09/30(水) 19:40:29 | | # [ 編集 ]
鍵コメnさん
nさんもそうですか!
若い頃のように無邪気にワイワイは無理でも、
一緒に語り合ったりわかり合える(と思える)友達は、
やっぱり欲しいですね。
これから新たな友達もできるのでしょうか‥。
2015/10/01(木) 09:25:46 | URL | kotoko #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/10/01(木) 15:08:30 | | # [ 編集 ]
鍵コメnさん
友情の賞味期限!
(すみません、鍵コメなのにコピーしちゃいました)
なるほど!!

確かに、賞味期限のようなものかもしれませんねぇ。
だとしたら、乾物のように日持ちがするもの、
じんわり味わえる友情がいいですねぇ。
どちらかが死ぬまで続くような、
いえいえ、死んだ後も心に残るような、
そんな友情が欲しいです。

あ、いけない、また多くを期待してますね。
2015/10/01(木) 20:13:32 | URL | kotoko #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/10/04(日) 22:35:10 | | # [ 編集 ]
鍵コメnさん
その記事、面白そう、まさにタイムリーですね。
今日、さっそく、読んでみます。

時間が解決するとはよく言ったもので、
1日ごとに彼女に対する恨みのような気持ちは薄らいでいます。
今回の場合、具体的な出来事に対するもやもやは日ごとに薄らぎ、
そのかわり、「彼女とは距離を置く」といった決意のようなものが、
日ごと深く静かに根付いていく、そんな感じです。
あのとき、お金は戻ってこなくても、
彼女が誠意ある態度を見せてくれたら違ったと思うのですが、
もう彼女との付き合いは、完全にあきらめました。

nさん、いつも有意義な情報、ありがとうございます!
2015/10/05(月) 07:34:16 | URL | kotoko #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://toshiyorikazoku.blog109.fc2.com/tb.php/491-5e24e7f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。